府中第一小学校で剣道教室を行っている「けやき剣友会」です。

入会案内

  • HOME »
  • 入会案内

Q1 見学・体験はできますか?
見学はいつでも可能です。「稽古案内」にて稽古日を確認していらしてください。
また、1ヶ月間無料体験できます。
「3年かけてでも良き師を探せ」という言葉があります。
体験してみて、続けて指導を受けたいかご確認ください。
なお、体験を希望される方は「お問い合わせ」から御連絡ください。

Q2 入会金・月謝等の費用はどれくらいかかりますか?
入会金はありません。月謝は1500円です。ただし、兄弟等で入会の際は二人目からの月謝は1250円に割引されます。

Q3 剣道って道具などにお金がかかるのでは?
入会会後に必要になるものは竹刀(2000円程度)剣道着(4000円程度)袴(4000円程度)です。
その他に竹刀袋(2000円程度、自作される方もいます)があると便利です。
年齢や稽古量等、習熟速度で異なりますが約1年間は剣道具(面など)はつけないで、稽古を行います。
その後、先生から剣道具をつける許可が出た人は剣道具を購入していただきます。
子供用の剣道具は一式で「2万5千円」ぐらいから購入可能です。
また、簡単に壊れるものではないので、運が良ければ先輩のものを譲ってもらい使用できます。

Q4 入会はだれでもできますか?
新規入会は小学1年~6年が基本ですが、未就学児及び中学生の入会はご相談ください。

Q5 剣道ってやっぱり痛いですか?
初めて打たれた時には、剣道具をつけていてもビックリします。
痛いというより、怖いです。
昔は真剣を使って生死をかけた戦いを行っていました。それを竹刀を使って行っているのですから、怖いと思うのが当たり前です。
その怖さを乗り越え、心気力を充実させ相手に一撃を加えるのが剣道の魅力です。
しかし、剣道具をつけていないところを打たれればもちろん痛いです。アザになってしまうこともたまにはあります。
わざと剣道具をないところを打つ人はいません。そして、自分が相手に打ってしまうことがあります。もし相手に痛みを与えてしまった時、どのように振る舞うかが大切だと考えています。

Q6 剣道をやると姿勢が良くなるって本当ですか?
剣道をやれば姿勢が良くなるとは限りません。しかし、良い剣道を目指す人はみな姿勢が良いです。
剣道は試合だけではなく、級審査や段審査があることが大きいです。
昇級や昇段をするには、単に一本を取るような技が出せればよいのではなく、理にかなった打突が求められます。
理にかなった打突をするには正しい姿勢が必要になり、それができるようになると普段の立ち姿も美しくなるのです。
けやき剣友会ではそのような剣道を目指しています。

Q7 剣道をやると礼儀が正しくなりますか?
剣道をやっている人間がみな礼儀正しいかと問われれば、正直疑問をもつことはありますが、礼儀を重んじていることは確かです。
剣道は相手を竹刀で打突しますので、打たせてくれてありがとうという感謝の気持ちを持って稽古をしなければ、たんなる暴力になってします。
礼儀正しくなく、相手のことを思いやる気持がないの人とは皆稽古をしたくありません。
けやき剣友会の道場訓の一つに「礼儀を正しくしよう」とあります。
相手を思いやる気持をもてる人間が集まる剣友会を目指しています。

Q8 父母が行う役員や当番はありますか?
けやき剣友会の運営は父母会で行っています。稽古時には当番制で鍵開け等をおこなう必要があります。現在各親御さんにはご都合を聞きながら2ヶ月に1回程度当番をお願いしています。また、将来的には役員をやっていただく可能性もあります。

PAGETOP
Copyright © けやき剣友会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.